FC2ブログ


筋金入りのアナログ人間の俺がサバドの大番頭の好意でこんな所に登場?
どう考えても違和感は否めないけど。

まぁ自己紹介から
1946年あの江ノ島で有名な神奈川県は藤沢市で生まれ、
東京オリンピックの翌年光影社と言うモノクロ現象所に就職。
仕事場は色々変わったけどず~っと暗室屋稼業(もう43、4年か?)
プリントを生業にする人ではなく、
「プリンターに成る」が目標でやって来た。

まず思い着いたら躊躇せずやってみる事、
それが表現力に成る。
やって駄目なら他の手を考える、
それで良いのだぁ~。
そのくりかえしが表現者のエネルギーになるんです。
そして、集中しない(入れ込まない)。
リラックスした気分は 素晴らしい思い付き、閃きに繋がる。
そこに俺が生まれつき授かったいい加減さを加味すると
俺らしいプリントが出来る、と言う結論になり、
現在に至る・・・かなぁ~?


今日の一言。
植物学が解らなくても花見を楽しむ事は出来る!

スポンサーサイト

目黒のギャラリーコスモスにて
12月1日(火)~13日(日)
  15日(火)~27日(日)
と、2期に分け、2009コスモス展開催中。

参加者すべて、1点勝負の写真展です。
発起人の一人である加藤は
前半、後半とも出展していますので
どうぞみなさま2回(以上)足をお運びくださいませ。

新山社長のブログにも盛況だったパーティーの様子等が
書かれています。

11時から19時まで。月曜休廊。


埼玉栄高校の写真部員が、今年もダークルームにやってきました。
今年は部長のトントンはじめ、12名。
伸ばし機が足りないので、2班に分けて、
去年経験してる2年生には俺のサポートを頼み、
1年生部員の指導を始めてもらったら、これが感動もの。

去年3時間位のレクチャーだけだったのにもかかわらず、
後輩達の指導を始めたら、的を射ていて見事
(学校ではデジタル全盛らしいのにもかかわらず)、
その上皆優しい。後輩達も素直。
まぁ校風も有るんだろう?

俺の写真部時代は、全く違う世界だった。
基本、高校の部活は楽しくなくちゃぁね!
当然暗室作業もね。
長い間色々な人から人に伝わる間に、いろんなタガが懸けられ、
ガンジガラメ!
小難しい技術論は、どうかなぁ~って思うしさ、
プリントは誰でも出来る!特別な事じゃ無いんだ!

栄高校の皆が、これからも写真をなが~く楽しんでくれるとよいなあ。
君たちは素晴らしい。
俺の写真部時代のOB会が新年会やるんだけど、良い思い出も無いしね~。
まぁ酒が飲めるから、行くか。


今日の一言。
頭でっかちになるな、理屈を言う前に、プリントしてみろ!


昨日は、プリンター協会の総会後の忘年会
(まぁ、商売敵の集いだから、仲悪い・・・嘘で~す多分)で
酔ってたんでお休みしました。

ところで、又々どこそこの印画紙が無くなるんだって、とか、
フィルムがどうとか囁かれてるらしいけど、良いじゃん、
Hollywoodに Freestyleというヨドバシさんのようなところがあって(行ったこと無いんだけどね)
ここではイルフォードのポストカードもあるし、アグファ好きならADOXと言う印画紙はいかがとか、書いてあるんですから、
この印画紙は中々良い、ベースが純白なんですけどね、
何種類か有るんだけど、MCC110しか、テストしてないんで、又いつか!
それに、リス現象液もあるからリスブリントも出来るわけだ。

それとドイツからはローライの印画紙も通販で入手可、
これもスグレモノです!
(パソコンもカードも無い俺は田村さんや新山さんに迷惑かけてるけどね)
なぜ日本で、入手出来ないかというと、商いとして難しいからだろうね、
無くなる物は、諦めてさ、今、有る物をうまく、使う事に努力しましょう。


今日の一言。
明日から毎晩飲み会続き、ごめんなさい?


写真家の故新山清氏のページをリンクに追加しました。
写真展・写真集用の作品制作に加藤は携わっています。

新春1月12日より
「新山清ビンテージ写真展」が
目黒のコスモスギャラリーにて開催されます。
12日にはオープニングパーティーも予定されています。

マイヤーズ仲間の、西村さんの個展に行ってきました。
小田急江の島線の本鵠沼駅で降りて、鵠沼中学のそばということで、
冷たい雨の中出かけました。
この鵠中と言うのが、私の母校なんです、
歩きましたよ思い出の通学路。しかぁし学校帰り、
ラーメン喰らった、そば屋さんも、太鼓焼き屋さんも、風呂屋さんも、
野球しててファールボールが飛び込んで皆でボールを探した畑もない。
友達ん家のパン屋はあったけど、目前にあった校門が無い!
おまけにギャラリーの、2軒隣の木暮ん家もない、なんだかなぁ~。
でもね!入ったらね、この家のあり方が偉い!
雨戸、廊下、ちゃぶ台、床の間、裸電球、台所(キッチンじゃ無い)、
それにトイレの扉、閉まり具合のいい加減さも○!(水洗だったけど)
で、 レコードがターンテーブル上をくるくる(落としも割れないレコード盤だったけど)
15で不良と呼ばれたよ~の頃が?
えっ写真展・・・ そりゃ写真は感じるもんだから、
自分で見て、感じて下さい、日曜日までしかやって無いんだけどね。


今日の一言。
フーちゃん元気~?



今、ラジオのスイッチをいれたらね、
前を聴いてないんだけど、小椋 佳が出てて

単純なコード運びのほうが良い曲なのかもしれない。
さらば青春という曲は、4コードで出来ていて、それ故
いろんな歌い方が出来る

って言ってた!

それなんだ!
モノクロプリントは、シンプルに作って
見てくれる人に勝手に感じてもらう事が大切。
自分のメッセージを伝える事にこだわって、
見る人の感情を自分と同じにしようなんて、愚の骨頂!
作品を展示したら、後は野となれ山となれ!で、良いんじゃない。
表現の分野において、メッセージのあらわなものなど
そもそもたいしたものではない。
ってなにかで読んだけど、
俺も賛成!


今日の一言。
Tomorrow is another day


第1部 SABADO前

昔々 俺が恵比寿でグループ展に参加した時、
そのギャラリーで働いていたA子が、
私にプリントを教えて下さいと言ってきました。
可愛いお嬢さんだった(過去形?)から、即OK!

しかしそれまで、指導したことがあるのは仕事場の後輩ばかり。
「目指せ一人前」で、十人お客さんが居れば十色教えなければ駄目だから、
馬鹿だの間抜けだの、めったうちさ。
だけど、A子は俺のプリントをみて、教えてって来たんだから仕事を教えるんじゃないし、
俺色に染めていいんじやないって思いついた(弟子にした気分)。

時がたつうち教学相長(教える人教わる人が共に成長するって言う様な意味)に気付いた!
でぇ~、もっと色んな人にもと思った訳。
ところがこの暗室が、バラけてしまった。

第2部に続く!


でぇ~、すったもんだの末、就職。
この暗室でプリントワークショップを開始、
最初4人位でスタートし1年後のサバト展Vol.1は 8人位だったかな、
その後急速にメンバーが増え、
Vol.2は20人位になっちゃってさ、色んな人がいるわけさ。
あんたらお客さん面してんじゃねぇよ、
グループ展は皆で協力してやるんだって言っても、
積極的な人は何時も一緒!
世界一我がままなプリンターだぜ俺は、
と言う訳でメンバーを減らし始めた頃、
俺が解雇?

SABADOを続行する為の暗室探しを始めた時に中島さんに出会ったんだけど
当時三田にあった暗室は4偕にあったんだけどエレベーターがない!
(2階でもエレベーターが欲しい俺には不満)
が、暗室は広かった。
伸ばし機から現象液までが遠いって感じ。
したがって話し声も大きくなり、(遠くまで声が聞こえる様にね)
世界一騒がしい 暗室になっちゃってさ!

第3部に続く


でもね
なんだかんだ言いながら番頭さん中心に横の連携も良くなり、
楽しい暗室が出来上がりました。
その後ビルの建て替えで暗室が引っ越し、狭くなったんだけど、
騒がしさは変わらなかったんです。
若かった皆様も10年もたてば、結婚しますよ、当然 出産します、
でぇ~育児休暇!

その上、ニューヨークだ 北京だ、はてはセネガルだ(何処だ)ってお出かけ?
メンバーがいなくなっちゃった。
来年大丈夫かなって、番頭さんに聴かなきゃ判んないんだけど、
ごしんきさん募集します?
まぁさしあたり週末の忘年会に集中しましょうか。

3部作なんてだらだら書いて来ましたが、知ってる人は皆知ってるんだけど、
SABADOは、番頭さんでもってるんですよ。
ここでメンバーに伝達!
番頭さんからの連絡メールには即刻返信する事 ・頼むよ天災・
今日は楽屋落ちで、失礼いたします。