加藤法久です。

ダヴィンチの言葉に
光を見て その美しさを考えよ!って言うのがあるんだって、
太陽そのものも、美しいけれど(だるま朝日なんて凄いよね)
光が照らし出す光景が美しいんだよね!
陰も含めてね。
いずれにせよ光が、無いと写真撮れ無いから、
お天道様、見たら手を、合わせおきましょうね、感謝しつつね。
おせち?で一杯やって、気分良好、良い年に成りそうです、が、
さしあたって寝正月です おやすみなさい。
スポンサーサイト

加藤法久です。

ただ ぼーっと見送った昨日、
彼らの運んだたすきを、持って帰って来る若い衆達が遊行寺の坂を登りはじめた今、
寝正月からの脱出を図り、ギャラリーコスモスへ出かけました。(本年初外出)

目黒の蕎麦屋さんは明日まで休業で残念!て感じで会場着
正月らしい良い感じの写真の並ぶ中、岩堀さん手ずくりの煮しめや、
岩魚のお鮨(どちらも旨いんだ)で、社長と盃を重ねている所へ、S先生登場!
現在定期的に通っている病院を紹介して頂いたドクターで
(まだ煙草吸ってるだろうって、なぜか人伝に叱られてる)
さすがに物知りで、川魚からウイルス、奈良や高野山の話し迄 楽しい時間を過ごし
年内に先生のネガで モノクロ写真展を開催出来そうです、お楽しみに!

その帰り、白金に行ったら なんと!桜が満開、
あっ、こいつぁ~春から縁起がいいゃぁ~ てぇんで今年の初撮り。
ただしベルエキップの店内なんで、ヨッバラって15分の1秒は!ブレてるかな?
現像が楽しみ!
アナログって、この間もいいゃぁ~ね!


加藤の前日の記事にありますベルエキップとは、
白金高輪駅より徒歩5分にあるコーヒー屋さんです。

ネットで検索してみたら、なんとこんな記事を発見!
リンク貼っていいのかちょっと不安だけど、怒られたら削除するということで
ちょっと載っけてしまいます。→ 喫茶店ブルース
この記事にある写真はSABADOの花木氏の作品です。


本当においしいコーヒーが楽しめる、静かでステキなお店です。
ケーキもとても繊細です。
お店の詳細は→ ベルエキップ




昨日 六本木のFさんの事務所へ
印画紙を頂きに行った ミッドタウンのそばで、
昔、竜土町って呼ばれてた辺り?
そう言えばこのあたりに、写真家のYさんが住んでてね、
竜土町のYですが 現像引き取りお願い。
な~んて、電話があるんだ 格好良かったね。
黒門町の師匠とか 宮益町の久助(さっき読んでた本に出てた岡っ引きの名前)
みたいな呼び名って、なんか良いよね!

そう言えば西麻布の交差点もかっては霞町だったんだ
渋谷方面に坂登ると右側がAスタジオ、
竜土町方面に向かうとRさんの事務所があったんだ
その頃とは六本木全体が違う町になっちゃってるよね。
俺の住んでる所も今は二丁目だけど、元々は北町って呼ばれてたんだ。
かって深川の芸者さんを辰巳芸者って呼んだのも
お城の南東(辰巳の方角)にあったからなんだって、
情緒とか風情とかさ、だんだん無くなってさ、さみしいやね。
せめてそんな雰囲気一杯の 小粋な 作品づくりしたいなぁ~
って言うのは、やぼてん?

あっ北町の加藤ですが、なにか?


美術館なんかで、永久保存とか言ってるけどさ、
展示しましょうよ!
しまっといたって、しょうがないじゃん、見せてこその価値じゃん。
昔々の絵画を、異なる時代を生きてる他人が、評価したり解説したりしてるのは
なんか違和感があるんだよ!

古い写真が変質したりしてるのを、見てさ、
時代とか儚さを 感じて良いねぇ~ なんて思うのは、俺だけ?
散り際の美しさってあるんだってば!桜だってそうでしょ。
でもね 昔の著名な画家の絵が 発見されて何千万円なんて話しも有るからね、
しかし作者不肖の絵が有って、再評価って話しは無いよね!
やっばブランドか。
古近和歌集なんかに、読人しらずって 歌があるじゃん 何か良いよね!
虎は死しても皮を残し
俺はぜ~んぶ持って行く!

本日は 野暮てん 加藤ですが、なにか?


成人の日 通り道の美容室や駅のホーム等々 華やか!
俺は43年前かな?

高輪の暗室で働いてたんだけど、
当日は藤沢の友達ん家で無駄話してたら、
別の友達が来て成人式に行こうってんで
普段着でそのまま秩父宮体育館?へ行った
当時の仲間は皆定年世代だよ、駄弁ってたSは栃木で社長やってるし、
迎えに来たMは親の後継いで、職人してて、定年無いから良いんだけどね。

しかし遠い遠い昔だよなぁ。
40年間 1日3合(もっとだろ)飲んだとしても、単純計算で43800合?
一升瓶で4380本 ナ~ンだたいした量じゃ無いね!
でも使った現像液の量とか、棄てた印画紙の数ったら膨大な量だろうね。
1年200日 暗室作業したとして、
やめ やめ でもプリントって 楽しいよね! 酒飲むのと比べ・・・
比べちゃいけないか、まぁ 楽しきゃ良いかな!
地球環境さん?ゴメン。



本日 オープニングパーティーですから、
番頭とセネガルと3人でギャラリーコスモスへ、行ってきました。
いきなり聞かれましたよ、あの女性達はなに?
なにって あーた SABADOのメンバーですがな・・・

写真は確かに、変質もせず
多分当初の雰囲気を保ってるプリントも有りますが
変色してるプリントがね 良い味出してるんだよ、
朽ちて行く物の哀愁 儚さがね。
会場にも、良い味出している人一杯居ました(ヴィンテージ人間?)
だから ニュープリント人の二人は、確かに目立ってたよ。
しかし この時を重ねてこその価値?
味は良い、24日(日曜日)迄やってますから、是非お出かけ下さい

26日からはサバトブランチが開催されますから、こちらも 宜しく!
(大きな声じゃ言いにくいけど、女性は若い方が良い?はいっ!すいません)


やっとこさ、サバドブランチの準備が(一人遅れてるけど)終わりましたよ。

写真展て ライブで物を、発信する楽しみが、良いんだけど
俺の場合プリントが済んだ時点で全てが終わりなんだよ!
水洗、プレス、スポット、完成に近づく段階を踏んでくうちに、
どんどん醒めてくんだよ。
後はパーティーでの、無駄話と美味しい酒だけが、楽しみ。

そんな訳でサバドブランチのパーティーは
今月30日16時から、ギャラリーコスモスで開催です!
まぁ時間が有りましたら 一杯如何ですか?
写真はともかくね! 酒肴の持ち込みは大歓迎ですから。




SABADO.jpg


≪管理人より、ちょっとした言い訳≫
DM制作担当は、ちゃんと「SABADO the 4th Branch」
と書いたのですが、印刷屋さんが手を抜いて
前回の3rd Branchの「3」を「4」に変えただけで
校正ナシで印刷にかけたそうです。
作り直しの時間もなく、そのまま配布となってしまいました。
毎回なにかしらのヒミツがある、SABADOのDMです。



前に少しお知らせした Freestyleの カタログにあった
ADOX MCC 110
コスモスさんに取り寄せて頂き、テストして見ました、
あくまでも俺の好みですが、ハナマルあげちゃいます。

感度、 トーン共に○、特にシャーブネスが 抜群!
(今回比べたのは同じドイツの印画紙ですが)
他にバライタのウォームトーンの光沢、半光沢と
RCの光沢、半光沢が有るようです。
両方共に興味ないんで、テストしません、悪しからず。

110の大4つが 25枚入りで47ドル位らしい、
当然 運賃だの税金等かかるから、 もっと高いよね!
まだコスモスさんに支払いしてないから不明
(コスモスさんが輸入してるわけじゃないからね、念のため)

あっ緊急速報 来月2日からの ギャラリーコスモスでは
ジャン ルーシーフのオリジナル プリント展です!
お楽しみに。



ちょいと、唐突ですが、常々思う事なんですよ!
写真展用のプリントするのにさ、
全体のトーンを、揃えなければとか、いうじゃん、
でもね!
全く同じ条件で(自然光では特にね)撮れる事など、殆んど無いよね。
全体の調和を考え、一点、一点の持つ味わいを、殺してませんか?

調和なんて、考えずに、一点ずつお気に入りのプリントを作って、
並べて見てご覧なさい、
個々のパワーが、良い意味での調和を保っているはず。
パワーが強ければ強いほど、ハイレベルの調和が生じるはずですから。

それにね あまりにも完璧な調和は
どっか一ヶ所位 崩した方が 粋乙ですよ!